自動車保険情報サイト「自動車保険を選ぼう」

安心できる保険

通販型自動車保険が増えてきて、自動車保険の保険料がかなり安くなることで注目を集めています。今まで代理店で自動車保険に加入していた人も保険を見直してみようかと考えている人も多いことでしょう。代理店型は通販型と比較すると保険料が高いですが、自動車保険は運転する人に合わせて選びますから、どういった特約が必要か又は不要なのかといったアドバイスをしてくれる代理店の担当者がいることは心強いでしょう。事務手続きもしてもらえるため保険料が高くても従来のまま代理店型を選ぶ人も多いです。自動車保険を選ぶ時に代理店型にするか通販型にするかということはまず最初の大きな選択肢となります。
保険料はできるだけ安い方がよいですが、少しでも安くしようと補償額を低くすると、もし事故を起こしてしまったときに賠償額が足りなくて困ることになってしまいます。事故で相手の人に後遺障害を負わせてしまったり死亡させてしまった場合の賠償額は億単位になることもあります。また、事故で家屋などを壊してしまったときも賠償額が高額になりますので、対人賠償や対物賠償は無制限を選んでおいた方がよいでしょう。この他にも相手への補償ではなく自分や同乗者への補償など、自動車保険の補償内容はたくさんの種類がありますので、自分に必要な補償内容と補償額を選ぶようにしましょう。また、自動車保険にはロードサービスがついたものも多く、保険会社によって無料であったり有料であったりします。もし運転中に車が故障してしまった場合、ロードサービスが充実している保険であれば無料でさまざまなサービスを受けることができるので安心ですね。

人によっては保険料が安くなる

補償は手厚く保険料はできるだけ安いものを選びたいものですが、運転者によっては事故を起こす危険度が低いとみなされて保険料を安く抑えることができるものもあります。リスク細分型保険は運転する機会が少ない人やゴールド免許証の人などリスクを細かく分類して、事故を起こすリスクの低い人の保険料を安くしています。全ての人が安くなるわけではありませんが、当てはまる人にとっては保険料が安くなるのでよいですね。その他にも割引制度を利用すると運転する人や乗る車によっては割引を受けることができます。リスク細分型保険の項目や割引制度の種類は保険会社によって違いますので比較して選ぶとよいでしょう。